たまりば

  エコ・自然 エコ・自然  調布市 調布市

木島平村を訪問

こんにちは、調布えねきょうです。
今年は暖冬のせいか、なかなか本格的な寒さがやってきませんが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

ところで、先日調布えねきょうは数名のメンバーで長野県は木島平村に行ってまいりました。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、木島平村は調布市の姉妹都市であり、自然豊かな農村です。今回の訪問の目的は、調布えねきょうの自然エネルギーに関するノウハウを活用して木島平と一緒に何かできないか、ということを一緒に考えるため。木島平村は新潟県に近い北信地域で稲作を中心とした農業が盛んな上、千曲川支流の水も豊富にあり、村を流れる馬曲川では昭和63年に作られた小水力発電が今でも現役で稼働しています。

今、調布えねきょうが注目しているのは、農作物収穫後に発生する残渣(トマトの茎やもみ殻、キノコ廃菌床など)をバイオマスエネルギー源として利用することや、農業用水の水力利用です。木島平村役場の方々の意見を聞きながら、他地域での事例等を参考に検討を進めたいと考えています。今後また進展があったらこちらで報告させていただきますので、気長に見守ってください。



ちなみに、今回は打ち合わせ前に少し時間があったので、この春にできた道の駅「FARMS木島平」に行ってみました。FARMS木島平は以前トマトの加工工場だった建物を利用し、買い物はもちろん料理教室やインキュベーションオフィスまで備えている多目的施設です。施設内にはゆったりとした暖炉や子供向けスペースがあり、調布にこんな素敵な場所があったら毎日通ってしまいそうです。

今回は暖冬の影響でまだ雪のない木島平でしたが、今週末からは雪が降る模様。調布市にお住まいの方は宿泊助成金が出ますので、是非スキーに行ってみてはいかがでしょうか?








調布まちなか発電

当協議会が運営する公共施設屋根借り太陽光発電事業会社です。

えねきょうブログ

コラム

<?=$this->translate->_('削除')?>
木島平村を訪問